最新ブランド香水情報はこちら!

2005年12月22日

“青燕”親日派論争で“映画を見るべきではない”と舌戦!

12月29日封切りを控えたチャン・ジンヨン、キム・ジュヒョク主演の映画“青燕”がネチズンの熱い議論に浮び上がった。こんなに“韓流”でチェ・ジウなど文化の輸出をしようとしている国が、未だ“親日”であることでこんなに盛り上がるとは、ガッカリ。以下、訳文
------------
“青燕”は1925年を背景として、韓国で最初の女飛行士パク・ギョンウォンの生を扱った映画で現在ネチズンたちは韓国最初の女飛行士パク・ギョンウォンが親日派の中一人なのを主張して '映画を見ない'は意見と '映画を見た後に評価しよう'は意見で分けられて多様な論議を展開している。

パク・ギョンウォンは去る 2002年3月、当時“民族の精気を立てる議員の集まり”で発表した親日派主要人物708人の中、合邦以後のまね者“パク・ギョンウォン(男爵)”になっている。
ネチズンたちは現在各種インターネットポータルサイト芸能掲示板に文を書いてパク・ギョンウォンが“親日派だ”、“違う”と舌戦を繰り広げながら、一歩進んで '映画を見ない'と '映画を見て判断しよう'で分けられて具体的な根拠などを提示して自分の主張を広げている。

【PR】チャン・ジンヨンを探せ!!

パク・ギョンウォンが親日派なのを主張しながら文を書いたネチズンたちはパク・ギョンウォンに対する新聞記事を引用、「パク・ギョンウォンは日本国民の飛行士最高の栄誉である“日満親善 皇軍慰問 日満連絡飛行”の飛行士に選定されたりした。親日派であるパク・ギョンウォンを映画素材にしたことは正しくない。」と主張して声を高めた。続きを読む
posted by キムちゃん at 00:48 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年12月12日

韓中スーパーモデル大会1位キム・スヒョンは帰国子女

先月開かれた“2005 韓中スーパーモデル選抜大会”で堂々の1位を占めて関心を一身に受けたキム・スヒョン(20)。 モデルとしてその第一歩を踏み出す彼女に会った。以下、訳文
-----------
キムスヒョン.JPG
梨花女大国際学部03学番である彼女は、大会が終わった後自分に起きた変化の中で一つは「自信感がたくさん生じたこと」と言う。

キム・スヒョンは「まだたくさん不足でもっと学ばなければならないのに、初めての出発が好きなようだ。100% 自ら望んで挑戦した分野で認められたということが一番嬉しい。」と明らかにした。

大会が終わった後、 彼女のミニホームページにはネチズンたちの訪問が並んだ起きたらいつのまにか有名人になっていた。キム・スヒョンは芳名録に文を残してくださった方々にいちいち返答差し上げる事ができなく申し訳ないと明るく笑った。

キム・スヒョンは2年前に衣料モデル大会に参加したことがある。彼女の言葉を借りれば「あの時は本当に何も分からなくて」漠然と挑戦したこと。その後にモデルに対する夢は彼女を去らなかったし、今日の結果をもたらした。続きを読む
posted by キムちゃん at 14:52 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年12月09日

ユン・ウネ、真冬の根性ストッキング!

“少女商売”ユン・ウネも寒さの前では我慢出来なかった。グループBABY VOXの前メンバーと同時に役者に転向したユン・ウネが冬の天候に苦労している。以下、訳文
---------------

話題のドラマ“宮”(演出ファン・インルェ、製作エイトフィックス)で主人公チェギョン役を引き受けたユン・ウネが最近うんと寒くなった気候を実感している。

ユン・ウネを含めた主演俳優たちは9日から京畿道の計算違いにあるセット場で撮影を始めるようになる。簡便な服を着て撮影しなければならない撮影量もまだ残っているが、寒さとの一戦が不可避な状況。

所属会社関係者は「最近気候が寒くなって服の中に現代服であるがストッキングを着て撮影に臨んでいる。もっと寒くなればこのごろはやりの防寒チョッキも使って見ようかと考えている。」と伝えた。
また「1年に一度着るか着ないかである韓服を撮影のためずっと着ているので、本人も楽しんでいるようだ。」と明らかにした。

メガホンを取ったファン・インルェPDもユン・ウネを含めた主演俳優たちの演技に満足しているらしい。寒い気候にもかかわらず“宮”スタッフと俳優は和気あいあいした雰囲気の中で撮影を進行している。

ドラマ“宮”製作陣は、この間大規模な家礼行進撮影を行って話題を集めたりしている。“宮”は来年1月11日で放映日が確定された中、全ての放送分の60%の撮影を仕上げ終えてから放映を始める予定。

原文はこちら

BabyVOX4集
BabyVOX 4集



BabyVOX3集
BabyVOX 3集

posted by キムちゃん at 13:15 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年12月02日

シュー、韓流ミュージカル“BAT BOY”日本アンコール公演

ミュージカル韓流スターシューが去る 2月日本で全会売り切れを記録しながら大きい愛を受けたミュージカル“BAT BOY”のアンコール公演のために日本に出国する。

シューは 2006年1月17日東京を始まりに大阪、富山、福井、新潟、仙台等日本6ヶ都市で総14回のアンコール公演を繰り広げる。

日本に引き続き韓国でも去る8月から“BAT BOY”の女主人公シェリを熱演、好評を博したシューは日本アンコール公演でも再びシェリ役にキャスティングされてミュージカル韓流スターとしての可能性に挑戦する。

シューは“BAT BOY”のアンコール公演を通じて再び日本観客に会うことに対して「すごく嬉しい。“シェリ”は一生忘れることができない役になったようだ。
“シェリ”役で韓国と日本で観客皆さんにお会いできて幸せだったし、新しい姿をお見せすることができて嬉しかった。」と明らかにした。

また「同じな役だが、韓国と日本の各国の情緒に合うように変化が加わった“シェリ”を演技することにも興味があった。アンコール公演も良いできに仕上がるよう最善をつくします。」と付け加えた。

シューは12月8日に放送されるMBC“ユ・ジェソック、キム・ウォンヒの遊びに来て”録画に参加して活発な話術を披露し、12月7日からは日本に出国、ミュージカル公演準備に入る予定。

*シュー
3人組女性グループSESのメンバー、在日3世

PRIME - S.E.S the best -
S.E.S




原文はこちら
posted by キムちゃん at 11:40 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年12月01日

韓国映画女優シネ、イタリアを誘惑した挑発と初々しさの写真集発表

映画俳優シネがヨーロッパでオールロケしたモバイル画譜集 'ヤヌスのシネ'を12月1日発表した。風景と一体となって美しく仕上がっている。以下、訳文
-----------

シネはイタリアで初々しさとセクシーといういわゆる“ヤヌス”コンセプトで撮影を終えた。
撮影を担当したキム・ギュホンは「シネがCMで見せてくれたきれいで初々しいイメージと違い、隠して来た挑発的でセクシーな面を精一杯表現した。美しいヨーロッパの風光といっしょになって既存のモバイル写真集と差別化された作品を作り出した。」と語った。

特にキムさんは「シネは多様な表情とセクシーな体つきでイタリア男性たちの熱烈な歓呼と愛情攻勢にあったりした。」と撮影秘話を伝えた。


原文はこちら
posted by キムちゃん at 03:00 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年11月28日

ソン・ヒョナの“恋人”、12月8日に繰り上げ封切

ソン・ヒョナとチョ・ドンヒョックの大人メロー演技で注目されている映画“恋人”の封切り日が12月8日になった。映画配給を引き受けているショーバックスは、当初12月15日の封切り予定日を12月8日に繰り上げた。ムキムキなチョにも熱い日本女性の視線が集まるかな??以下、訳文
---------------

“恋人”の広報会社側は封切り日付けが代わった理由として「製作上の問題ではなく、 ショーバックスが配給する“作業の定石”が12月22日封切られるので、ラインナップが重なるようになった。仕方なく封切り日を12月15日に繰り上げた。」と明らかにした。

“恋人”は結婚を控えた女、ソン・ヒョナが率直な男、チョ・ドンヒョックとの一晩愛を描く映画。劇中のソン・ヒョナの役は普通のどこにでもいる“女”だ。
7年間付き合ったボーイフレンドとの結婚を控え、親の言葉を破った事がなく裕福に育った。見知らぬ人と絡みたがらない性格だが、何故か“男”(チョ・ドンヒョック)に会って妙な魅力を感じる。そして感情に率直に導かれたまま、男との一晩の誘惑に落ちこむ。

その映画“恋人”はソン・ヒョナの下着露出シーンの載ったポスターと激情的なシーンが載せられた予告篇などを公開して注目を集めている。大人メロー物の特性の上、ドラマの流れの他にも大人にだけ見られるラブシーンが登場するから。

ポンポンと飛び出すセリフの小気味良さと共に開かれたスペースでのラブシーンやキスシーンが映画にあちこちに散らばっている。


原文はこちら
posted by キムちゃん at 10:53 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年11月26日

韓中スーパーモデルはちょっとお水な雰囲気??

11月25日午後6時大邱エックス(EXCO)から開催された“2005韓中スーパーモデル大会”1,2,3位を受賞した受賞者たちが記念撮影をしている。(左側から 3位キム・キョンファ、1位キム・スヒョン、2位チォングロ)
記事051126.JPG
1位を占めたキム・スヒョンは身長177cmの20歳で梨花女大国際学部に在学中であり、2位を占めた中国のチォングロは身長181cmの19歳。一方3位を占めたキム・キョンファは漢陽女大ファッションデザイン学を卒業した24歳で身長170cm。

この日開催されたスーパーモデル大会には昨年1位のガン・ソヤンとシン・ドンヨプが共同MCを引き受け、祝いの舞台には東方神妙らが備えた。

今度大会はSBSと中国のBTVが協力して開催された。中国で選抜された10人のモデルと韓国の24人のモデルがスーパーモデルの席をかけて熱い競争をした。
posted by キムちゃん at 17:48 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年11月25日

韓流スターのお金のベール脱ぐ。チャン・ドンゴンが70億稼ぐ!!

有名芸能人の芸能人の収入は会社員の最も知りたい事の一つ。通常、芸能人がいくら儲けているかはベールに包まれているが、会社の株式公開等に合わせて徐々にそれが明らかになっているようだ。いったいチャン・ドンゴンの給料の中身は??以下、訳文
--------------------------
チャン・ドンゴンCM契約金も“オープン”された。25日金融監督院によれば国内だけ韓流代表に浮び上がっている特急俳優チャン・ドンゴンさんは今年に入ってから10月までに所属会社から42億9600万ウォンをもらっていた。

チャン・ドンゴンさんは主にCMモデル出演を通じてこのような収入をあげた。
チャン・ドンゴンさんの所属会社であるスターエムエントがチャン・ドンゴンさんをCMに出演で、三星テックウィンでは7億500万ウォン、ポスコ建設 6億7000万ウォン、三星カード6億1000万ウォン、KTF6億ウォン、ジョルダノ5億6000万ウォン、東西食品5億5000万ウォン、パークランド5億5500万ウォンなどの売上げをあげ、収益配分契約によってチャン・ドンゴンさんに出演料を支給したとのこと。

チャン・ドンゴンさんはこれと共に10月、所属契約会社と3年条件で専属契約を結び契約金24億9000万ウォンをもらった。専属契約金は契約締結と同時に支給されるので、これによってチャン・ドンゴンさんは今年に入って10月までで70億ウォン(約8億円)に迫る収入をあげたわけだ。続きを読む
posted by キムちゃん at 18:37 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年11月18日

入隊控えたウォン・ビン、2年間、平凡なウォン・ビンに帰ります

11月29日、軍に入隊するウォン・ビンがファンに最後のあいさつを送った。韓国の若いスターの直面する苦しい現実。軍隊でがんばって、元気になって帰ってきて欲しい。
---------
ウォンビン.JPG
11 日午前ウォン・ビンは入隊に際して国内外のファンからたくさんの激励の手紙をもらったことに感謝を表し、初めはいろいろ考えたが、今は落ち着いて入隊するという気持ちを語った。また、2年間は平凡なウォン・ビンに帰って多くの経験をし、学ぶという決意を語っている。

11月10日の日本訪問の時のように、肩まで触れそうなヘアースタイルが印象的で顔もぐっと窪んで痩せたように見えたが、全体的には余裕があって均衡の取れた姿。ジーパンにベルベットジャケットでこぎれいながらもダイナミックなイメージが漂う。

入隊について周りで心配して助言してくれる人が多かったという。
「除隊後に何をするかに関してはまだ考えてみたことはない。軍生活に慣れて、元気に帰って来ます。」と挨拶をした。

ウォン・ビンは 29日江原道春川の102補充隊へ入所する予定。
posted by キムちゃん at 16:26 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年11月16日

未製作ドラマ“悪い愛”、イ・ビョンホン、キム・ヒソンで復活するのか?

ピやコ・ソヨン主演で製作を準備して紆余曲折のあげく中止されていたドラマ“悪い愛”が復活する動きを見せている。

SBSドラマ総括CPは15日、「“悪い愛”放映の可否について現在実務陣が検討中」と明らかにした。
“悪い愛”はキャスティング不備などの理由で製作が延期された後、各放送社から編成を受けることができなくて結局製作が中止されていた。

しかしこのドラマの筆を執る予定だったシナリオ作家が最近総合エンターテイメント会社であるファントムに移籍したことによって、また製作を準備し始めている。ファントムのある関係者は「あんまりあらすじの出来が良いから、作家陣と様々な準備を始めている」と言った。続きを読む
posted by キムちゃん at 09:48 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。