最新ブランド香水情報はこちら!

2005年09月26日

ソン・ヒョナ、映画“恋人”より親密なポスター撮影風景

結婚を控えた女性の一日だけの秘密の恋愛を描いた映画“恋人”のポスター撮影がソウルで行われた。どうもこのキスシーンがたくさん韓国サイトで取り上げられていたので、掲載。人前でのキスはまだまだ韓国の公共の放送ではタブーなのだろうか?以下、訳文
-----------
ンヒョンナ恋人.JPG
9月7日に撮影が始まったこの映画は、見知らぬ男女の一日の間の突然のロマンスを描いている。このコンセプトにはまるように、ポスター撮影現場もセクシーで秘密の雰囲気の中進行さ
れた。特にヌード集などでセクシーなイメージを持った女主人公ソン・ヒョナの魅力的な体つきと女心を刺激する新人チョ・ドンヒョックの演技の呼吸がかみ合いながら、熱気を噴き出していた。

ポスターコンセプトは全体的に高級な感じのセクシーさをベースにし、二人の男女の微妙な愛の感情にフォーカスを合わせた。特にセットを二つの部屋に分けて一つは花と仄かな蝋燭に取り囲まれた光がある部屋にし、もう一つはベッドソファー、額縁、壁紙などを現代的なアイテムで揃え、秘密な感じのする部屋にした。

光のある部屋では結婚を控えた女が他の愛の前で少しずつ搖れるようになる感情を、秘密な感じの部屋では二人がひと晩の間に感じるようになる激しい愛と惜しさにフォーカスを合わせて撮影された。
“恋人”が結婚を控えた女の突発的ワンナイトを描いただけに、ポスターでも結婚式の設定を使うこととなった。ポスター撮影のハイライトはソン・ヒョナがウェディングドレスを着た姿。 彼女はドレスを通じて花嫁のきれいなイメージと結婚を控えた女の緊張感、結婚を控えた女に近付いた新しい愛に対する気迷いなどを全部表現しなければならなかった。
ンヒョンナ1.JPG

チョ・ドンヒョックは映画俳優として初めてのポスター撮影にもかかわらず、写真作家の即興的な要求によって可愛いほほ笑みの素敵な男から、結婚を控えた女を搖らすセクシーな姿に至るまでの多様な表情とポーズを取った。
初めて会った女を誘惑する甘ったるい目つきや恋人を持ちたがる欲望の表情まで多様な表情で撮影現場の雰囲気を和やかにし、“モデル出身だから違う”との賛辞も聞かれた。

来月の初めまでに撮影を終えて、来る 11月末封切り予定。
原文はこちら
posted by キムちゃん at 01:06 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月25日

キム・テヒ、初主演映画で中華圏韓流スターとなれるか??

キム・テヒが初主演映画に対して韓国メディアの期待が大きい。初主演中国ロケの多い映画で中国ブレークを予想している。竹島問題の先陣を切って“反日”イメージが強いキムテヒ。“天国の階段”でいっしょだったチェジウやクォン・サンウらと日本ブレーク出来なくなっている現状、狙うは中華圏しかないか。以下、訳文
--------------
キムテヒ2.JPG
キム・テヒは所属会社を移してから、次回作に関して大きな注目を受けてきた。多くのドラマと
映画シナリオを検討して映画で活動方向を決めたキム・テヒは、最終的に映画“中天”(仮題:監督ゾ・ドンゴ)にチョン・ウソンと共に最終キャスティングを確定した。

“中天”は、現世との間の中天という仮想の空間を背景に起るファンタジーアクションメロー物で、昔の恋愛を忘れることができなかった退魔者チョン・ウソンが、昔の恋人に似ているキム・テヒを危険から守るために命をかける過程を描いた映画である。

特にこの映画はアクションメロー物というジャンル的特性が中華圏で高い人気を集める要素となる上、中国でオールロケ撮影をする予定なので、韓国内のみならず中華圏でキム・テヒに対する深い関心が挙がっている。

キム・テヒは人気裏に終了したドラマ“ラブストーリーインハーバード”などが、アジアの多くの国で電波に乗っている韓流スターで位置づけられ、中華圏では彼女の次期作に対して深い関心を持たれている。中国で映画撮影が始まったらキム・テヒの一挙手一投足が中国新聞を飾るようになりるだろう。

キム・テヒは現在家族とスイスなどヨーロッパを旅行中で、帰国後10月末から中国オールロケ撮影を始める予定。
原文はこちら
posted by キムちゃん at 05:30 | ソウル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 韓流スター

イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、クォン・サンウなど参加の韓流オールスターサミット、2万4千枚SOLDOUT

埼玉県スーパーアリーナで24日午後開かれる “韓流オールスターサミット”の入場券2万4千枚が全て売り切れた。主催者もホクホクだね。
クォンサンウ達スター.JPG
S1万8千円、A1万5千円、B1万2千円など高額チケットだが、既に完売状態であると日刊スポーツが伝えている。
さすが、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、クォン・サンウ、キム・スンウなどの俳優とピ、シン・ヘソン、ジュエリーなどの歌手たちが大挙参加するだけに、韓流ブームの中の一大イベントであることは間違いない。

全てのスターは羽田空港へ23日午後、羽田空港へ到着した。当然、日本入りの日程は極秘にしていたにも関わらず、500人あまりのファンが殺到したそうだ。
posted by キムちゃん at 04:03 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月22日

キム・ジョンウン、13才差の激しい教師と生徒の愛に共感

韓国では、近頃儒教のタブーに触れるような映画が目白押し。そんな中、注目の映画「親知らず」で教師役に挑戦したキム・ジョンウンに注目が集まる。チェジウ張りの韓国美人先生が愛を語った。以下、訳文。
-------------
キムジョンウン親知らず.JPG
「映画を撮る前にはどうしてそんなことができるのだろうと考えたが、しかし撮影をしながら徐々に彼女の選択に共感することができてきたし、これからは支持できるようになった。」
女優キム・ジョンウン(29)の言葉だ。

21日午後、ソウルチョンノソウル劇場では“親知らず”のメディア向け試写会で、監督と俳優参加の中記者会見が開かれた。

キム・ジョンウンは自分が主演を引き受けた映画“親知らず”で30才のチョ・インヨン役を引き受けた。友達とふたりきり課外学校を運営するある数学講師。彼女の前に自分の初恋の人と名前と顔がまったく同じな17才学生が現われ、ロマンスを繰り広げる。

キム・ジョンウンは、映画の中の愛が実際でも可能なのか?という質問に「今でも心惹かれる愛が来れば、心より愛することができると思います。」と返事をした。

キム・ジョンウンは自分の変化を渇望していた。しかしどんな風に変わらなければならないかについては、方法が分からず苦しく、そうこうするうちに“親知らず”のシナリオをもらった。

「シナリオを読んだ時、一回目と二回目は“あこがれ何だ”と思った。3回目にはそれが違って見えた。やっと私が何か結論を下そうとしてそこまで見えたなと言う気がした。」

「一方ではとても難しかったが、一方では撮影に行くことがとても幸せだった。」と、キム・ジョンウンは自分の“意図的変化”に対して自ら満足したようだった。

映画“親知らず”は“ハッピーエンド”のジョン・ジウ監督が6年ぶりにメガホンを取った新作。過去と現在の曖昧に行き違う独特の時間構成を持っている。
ジョン・ジウ監督は、「男性の視覚にさらされた女性を描いた映画ではなく、女性の目を中心に彼女を取り囲んだ男たちを眺めた映画」と言いながら「女性の主観的心理流れが客観的事実よりもっと重要だ。」と説明した。
また「どれだけ共感されないとしても、調子が上がらなかったと思えば良いだろう。新しい韓国映画を願う方々にこの映画が愛情を持って受け止められたら良い。」と付け加えた。

本当に監督がキム・ジョンウンの演技に対して「どんな限界を越えたか見える」と言いながら賛辞を送った映画“親知らず”は9月29日公開される。

原文はこちら


パリの恋人 DVD-BOX I
パリの恋人 DVD-BOX I
キム・ジョンウンをチェック



パリの恋人 DVD-BOX II
パリの恋人 DVD-BOX II



韓国ドラマ&シネマベストナビ
韓国ドラマ&シネマベストナビ







posted by キムちゃん at 02:31 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月21日

チャン・ドンゴン、チェミスルの男くさいCM発見!

韓国では、女はソジュ(焼酎)、男はビールのCMへの起用が多いらしい(うろ覚えだが。)今回のチェミスルCMは、男っぽさを強調して日本マーケットへのアプローチを試みたようだ。反応はどうだったのだろうか?
チャンドンゴンとウォンビン.JPG


チャン・ドンゴンのCMはこちら



posted by キムちゃん at 17:22 | ソウル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月20日

チェ・ジウ、涙に濡れたパンを試食したスターの感動!

この話ぶり、チェジウってクリスチャン??チェ・ジウが今日のスターの位置に上がる前の苦労をテレビで語った。今でこそ韓流ブームの“女王”になったチェジウ、それまでにどんな苦労があったのだろうか? 以下、訳文
----------
チェジウSBS.JPG
9月17日SBS秋の特集“スタードキュメンタリー”チェ・ジウ特集を通じて、その派手な活躍の後に隠されたチェ・ジウの真摯な話が放送されて多くの視聴者の胸を打った。

チェ・ジウは、自分が放送局タレント合格以後にも長い間無名の歳月を過ごさなければならなかったこと、主演映画でも撮影途中で他の演技者と入れ替えさせられるなど大きな痛みを経験してきた事実を真摯に明らかにした。

自信を失わせる大きな困難だったのは、努力を注いで撮影の中だった映画で、まだ演技力が十分ではない、という理由で撮影途中主演俳優を脱落させられた事実を明らかにして目頭を赤くした。しかし、当時チェ・ジウは所属社マネージャーと一緒に「涙のパンを試食した人が大きく成功した時は、もっと貴いこと」と慰めながら、20代の最後の誕生日には全世界のファンと誕生日パーティーをしようという新しい希望と覚悟を堅めたと言う。

以後実際にチェ・ジウは去年ヨンピョンで韓国、日本そして中華圏から来たファンと合同で誕生日パーティーを開き、自分の目標を現実にしたことが大きく胸を打った。

チェ・ジウは「涙に濡れたパンを食べながらでも挫折しないで努力をすれば、いつか自分は人々に必ず認めてもらうことが出来る」と言ってアジアの大スターらしい考えを述べた。

最新映画“連理枝”を撮影中に通りを走る一カットのために朝から夕方まで走りながらも、モニターを通じて気に入らなければもう一度を叫んで最善をつくすプロらしい面を見せ、多くのスタッフたちと演技者たちに深い印象を与えている。

チェ・ジウはこの席で、今後も周りの貧しい隣人達を助けられるように良いことをたくさんしたいと望んで今後とも最善をつくすことを明らかにした。
posted by キムちゃん at 14:35 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月19日

ペ・ヨンジュン、「四月の雪」初日でアジア記録的ヒットの予感!

18日の記事によれば、ペ・ヨンジュン主演の映画「四月の雪」が17日、全国400スクリーンで公開され、配給会社はこの土・日だけで興行収入3億5000万円を見込んでいるそうだ。マスコミはこの間の来日が終わってから少し韓流から離れていたけど、やれやれ、ヨン様人気はまだ続いてるね。以下、一応訳文です。
----------
ペヨンジュン四月の雪初日.JPG
産経スポーツは18日、ペ・ヨンジュン主演の映画「四月の雪」が17日日本全国の400スクリーンで封切られて、一日で約15万人の観客を動員した、と報じた。そして、「日本で封切られた韓国映画の中で最高の興行を記録した“私のガールフレンドを紹介します”より180%良い出発を見せた」と付け加えた。

チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク主演の“私のガールフレンドを紹介します”は日本で去年封切られて興行収入20億円をあげた。配給社であるUIP側は“四月の雪”の輸入を30億円と見通しながら、「歴代日本国内での韓国映画封切り作の中で1位を占めることは間違いない。」という予測をしている。

産経スポーツは「封切りした日比谷のスカラザ劇場には、この日を待ちに待ったヨンサマのファンが集まり、その99%が女性観客だった。この劇場に展示されたペ・ヨンジュンのハンドプリンティングを見るための列も長く並んでいた」とも報じた。
またUIP関係者の言葉を引用すると、「劇場内売店で、“四月の雪”記念商品も飛ぶように売れていて、一日の売り上げが 1千万円に達した」と伝えた。

産経スポーツは「去年7月封切りしたヨン様の映画“スキャンダル”は時代劇の上、めがねもかけないで顔にひげを付けてファンの反応がイマイチだった。しかし今度は彼の涙演技が精一杯出ていて、爆発的ヒットが期待される」と予測している。
引き継いで「日本で上映されたアジア映画の中で興行収入1位は中国映画“英雄”(40億円)だったが、週末だけで興行収入3億5千万円が予想されて“英雄”の人気をもしのぐ可能性が十分である」と見込んでいる。
-----------
本文は韓国語記事を引用しましたが、中身は産経新聞を読んでるのと変わらなかった(笑)
posted by キムちゃん at 06:38 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月17日

オク・ジュヒョン、ヨガ&ダイエットビデオで20代〜40代女性好感度No.1

「オク・ジュヒョンのようにきれいになるヨガ&ダイエットビデオ」が若い女性達が一番多く見たダイエットビデオとしてあげられた。日本でもそうであるが、ヨガが結構ブーム。みんなこぞってやっているが、果たして韓流スターのように「モムチャン」になるのか?以下、訳文
--------
オックチュヒョンヨガで1位.JPG
16日「オク・ジュヒョンのようにきれいになるヨガ & ダイエットビデオ」 製作会社スタシアによれば新しい女性誌“SHAPE”がソウル・京畿地域20〜40代女性1060人を対象で実施したアンケート調査で、16%がこのビデオを所蔵しているとか見たことがあることで現われた。

「オク・ジュヒョン、イ・ソラ、ハンウンジョン、チェ・ユニョンなどが出演するダイエットビデオの中で所蔵しているとか見たことがあるのはどれか?」というアンケートで、2位の14%を占めた「イ・ソラのダイエットビデオ2」、ホワンデヨガ学のウォン・ジョンヘ教授の 「ウォン・ジョンヘの幸せなダイエットヨガ」は10%で3位にランクされた。

スタシオ側はこれと共に「オク・ジュヒョンのようにきれいになるヨガ&ダイエットビデオ」は今度のアンケート調査で韓国女性たちが一番欲しがるダイエットビデオに選定されたと明らかにした。

原文はこちら


In Association with YesAsia.com【字幕付】オク・ジュヒョンの韓流ヨーガ
posted by キムちゃん at 23:32 | ソウル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター

2005年09月16日

韓国映画、“韓流”でこれからも儲けられるのか?

韓流スターの来日も一巡し、そろそろ雑魚“韓流スター”の来日も頻繁になってきた。飽きられずに韓流を継続させるには、コストの高くなった韓流コンテンツを支える継続的な“韓流の魅力”が必要。どうなる韓流?ペ・ヨンジュンの指摘を生かさないと。以下、訳文
----------
ペヨンジュン四月の雪徒歩.JPG
映画産業は劇場売上げと海外輸出、DVDとビデオ、TVなど2次利用版権市場
で収益をあげる。内、韓国映画は劇場売上げが全体の70%以上であったが、最近は日本と中国を中心としたアジア諸国に吹く“韓流熱風”、そしてこれと共に高い人気を呼んでいる韓流スターたちが韓国映画の収益構造を変えている。

映画振興委員会が調査した2005年上半期韓国映画輸出総額は 4180万 9976ドルで約 420億ウォンに達する。これは2003年韓国映画の経常収益 358億ウォンを飛び越える金額。

上半期このような輸出記録を立てた韓国映画は、“甘い人生”、“親切なクムジャさん”、“四月の雪”、“野獣”など153編にのぼる。
特にアジアを越えて52ヶ国に輸出された“弓”、“殺人者の思い出”などはブラジルとコロンビアなど南米市場も開拓した。

イ・ビョンホン主演の“甘い人生”は国内で122万人を動員し予想より不振であったが、封切りの前の日本に30億ウォン以上で販売された。
“親切なクムジャさん”は、やはり映画撮影が終わる前に中華圏韓流スターであるイ・ヨンエとカンヌ映画祭スター監督パク・チャンウックの力で20ヶ国に計500万ドルで販売し、純制作費40億ウォンをすべて儲けた。
ペ・ヨンジュンの“四月の雪”は、CGと大規模撮影がないメロー映画だが、アジア8ヶ国で同時封切られる。日本の産経新聞がこの映画が日本での出稼ぎ額を75億ウォンで報道するなど、“四月の雪”はペ・ヨンジュンをキャスティングした瞬間損益分岐点を越えたことに間違いはなかった。

下半期には韓流国家代表、チャン・ドンゴン主演の大型映画“台風”とクォン・サンウ主演の“野獣”、そしてチェ・ジウの“連理枝”が封切りを準備していて、更なる輸出記録更新を予想している。

このような成果に映画関係者たちは高くなった輸出重視姿勢を喜ぶ雰囲気がある。しかし、一部韓流スターが出演した作品に偏重される姿は憂慮されている。
“四月の雪”試写会場で、「海外も重要だが国内観客たちの反応と成績が一番目だ」と言ったペ・ヨンジュンの言葉のように、ドラマで始まった韓流熱風をスクリーンでずっと引き続こうとすれば、さらに高い完成度と面白さが必要だといった指摘だ。

原文記事はこちら
posted by キムちゃん at 10:03 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓流スター

ハ・ジウォン、韓国“セクシーダンスの女王”に復帰!

高慢な魅力を発散したハ・ジウォンに視聴者の目が釘付けだそうだ。ハ・ジウォ
ンのセクシーダンスが、また韓流“セクシーダンスの女王”の称号を奪っていっ
てしまった。以下、訳文
--------
ハジオンのダンス.JPG
ハ・ジウォンがチョ・インソンと共演したパールシャイニングシャンプー広告で、チョ・インソンの誘惑にセクシーで挑発的な踊りで肯定的に応えた。

クラッとしてから挑発的な身振りでお目見えしたハ・ジウォンは、今度の新CMで高難易度のダンスを披露して拍手喝采を受けた。
踊りがうまいと噂のあるハ・ジウォンは、真珠の上でダンスをするのが難しいにも関わらず、生まれつきのダンサーというようにセクシーで派手な踊りの腕前をプレゼントした。何よりハ・ジウォンの“90度の腰折り”は今度のCMの白眉。いくらハ・ジウォンが柔軟だとしても、踊りのプロでない以上、撮影は難しいと思われたので監督は代役を準備していたが、始終一貫「出来ます」と叫んで撮影に熱意を見せたハ・ジウォンは、幻想的な場面を作り上げることが出来た。

派手な映像とハ・ジウォンのセクシーカリスマが(視聴者の)視線を圧倒し、CMは視聴者たちに「やっぱりハ・ジウォンだ」という賛辞とともにもう一度“セクシーダンスの女王”という修飾語が彼女の名前の前を飾るだろう。

posted by キムちゃん at 01:13 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。