最新ブランド香水情報はこちら!

2007年12月28日

パク・ヨンウ-イ・ボヨン‘ワンスアポンアタイム’古き時代のソウルにハリウッドテイストが香る映画!

パク・ヨンウ、イ・ボヨン主演映画‘ワンスアポンアタイム’ポスターが公開された。稀代の詐欺師と泥棒が、日本軍の手にあるダイヤモンド奪取を企てるエンターテイメント作品になりそうだ。

映画‘ワンスアポンアタイム’ポスターは 1940年代独立軍が仰ぎ敬まわれた時期、京城(昔のソウル)最高の詐欺師と泥棒が日本に奪われた3,000カラットのダイヤモンド「東洋の光」を奪取するための地上最大の作戦を広げるというコンセプトに製作された。
石窟庵洞窟を背景に、本尊仏像が巨大な威容を誇って、彼の前でダイヤモンドを手に握ったボング(パク・ヨンウ)とチュンジャ(イ・ボヨン)の表情と口元のほほ笑みが印象的だ。

ボングのファッションは京城最高の詐欺師らしく、素敵でスポーティーなトレンチコートを基本に彼に金が一番重要だと考えていることを強調したゴールドに光るネクタイで完成されている。
劇中でボングのトレードマークでもあった京城スタイルの中折れ帽子は、見る人々に信頼感を植え付けるためのもので、実際は詐欺師である彼の二重キャラクターをよく現わしている。
ここに昼と夜、バーで歌うジャズ歌手「チュンジャ」、夜は京城高官から金を巻き上げる女泥棒「ヘダンファ」となるチュンジャの姿は、身体にぴったりして官能美を感じさせるブラックカラーのスポーティーな泥棒服で、ボングと別のプロの泥棒らしい姿を見せている。ダイヤモンドを置いて彼らの間の緊張感を感じさせている。



レンタルで「初雪の恋〜ヴァージン・スノー」



今度公開されたポスターは、韓国映画では見られなかったハリウッドの雰囲気を醸し出している。アドベンチャーとアクション、コメディーとドラマが混在したエンターテイメント作品になることが感じられる。

‘ワンスアポンアタイム’は解放期を背景に、日本に奪われた伝説のダイヤモンドを盗むために京城最高の詐欺師ボングと泥棒チュンジャが行う作戦を描く。現在後半編集作業中であり、2008年1月末封切り予定。





レンタルで「朱蒙〔チュモン〕 第1巻 <ノーカット完全版>





posted by キムちゃん at 11:23 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ボヨン

2007年10月10日

韓国1930年代を題材とした作品に出演する美女に注目!キム・ヘス-キム・サラン-イ・ボヨン

2007年秋に吹く‘復古風’の中、1930-40年代の韓国を題材とした映画3本での韓国トップ女優、キム・ヘス-キム・サラン-イ・ボヨンの対決に注目が集まっている。
キム・ヘス-キム・サラン-イ・ボヨン.JPG
‘親知らず’のジョン・ジウ監督がメガホンを取った‘モダンボーイ’は、1930年代の京城を背景に展開されるラブストーリー。6月のクランクインした後、スチールカット何枚かだけと出演陣が公開されただで、他に情報がない。

来年上半期封切りを目標に秋の連休も返上して撮影に没頭しているキム・ヘスは、劇中に東京留学派出身ハク・ヘイルが一目に惚れした神秘的な女性‘チョ・ナムシル’として古典的な美しさを披露する。
キム・ヘスは「ジョン・ジウ監督とハク・ヘイルは、本物を追い求める人々。この映画は真剣勝負する作品になるでしょう。気持ち良い緊張感と期待感が満ちています。」と所感を明らかにした。






キム・サランは、1930年代京城のラジオ放送局を背景にした‘ラディオデイズ’で、身にぴったり付くシルエットの新式洋装とミスコリア出身らしい8等のプロポーションで、西欧的な女性を代表する。
美貌のジャズシンガー‘マリ’役を引き受けたキム・サランは、芸者出身の歌手、ファン・ボラといつもぶつかってしまうドラマ主人公に抜擢された。
劇中、ジャズシンガー役のためにボーカルトレーニングを受けたキム・サランは、映画の中の公演場面の挿入曲を直接録音し、作品に対する特別な熱意を燃やしている。



韓流ぴあ 2007 秋号



‘たおやかな’イ・ボヨンが、挑発的なイメージで180度変身し、1930〜40年代の女性たちのセクシー対決に加わることになった。
日帝時代を舞台とした‘ワンス・アポン・ア・タイム’で、昼にはパク・ヨンウの愛を一身に受けるジャズシンガーで、夜には京城最高の盗賊‘へタンワ’として出演する。
官能美溢れたイ・ボヨンは、千億ウォンのダイヤモンド‘東方の光’を手に入れるため、‘希代の詐欺師’パク・ヨンウと運命的な対決を繰り広げる。
毎日二時間ずつの歌のトレーニングを行っているイ・ボヨンは、生涯初のアクション演技に挑戦するために、一日も欠かすことなく武術訓練にも熱心に取り組んでいるそうだ。


posted by キムちゃん at 11:26 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ボヨン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。