最新ブランド香水情報はこちら!

2008年02月06日

パク・ウネ、ベルリン国際映画祭出品作‘昼と夜’はノーギャラ出演だった!

女優パク・ウネ主演の映画‘夜と昼’が、第58回ベルリン国際映画祭公式競争部門に出品されて話題になっている。しかし、実は撮影時の資金難のため、彼女はノーギャラで出演していたことが判明した。

‘昼と夜’はホン・サンス監督の 8番目長編映画と同時に最初で海外ロケを試みた作品。撮影の前から期待と関心を集めた作品で、フランス、パリで90%以上の撮影行い、韓国でクランクアップ後に直ちにベルリン国際映画祭に出品される快挙を成した。

女主人公パク・ウネは、‘夜と昼’に対する愛情と熱情が特別だったことと伝わった。3回もホン監督の作品オーディションを試みたが一度も志を果たすことができなかった。結局、4回目でついに‘夜と昼’に女主人公でキャスティングされた。



かわいいピンクの色無地着物卒業式・謝恩会・記念撮影に!



しかし、撮影過程は順調ではなかった。投資に難航しながら当初計画された製作コスト調逹に難しさが生じ、コストを減らすため、俳優とスタッフたちはギャラを削らなければならなかった。パク・ウネも製作コストの足しになろうと、ノーギャでの映画出演を提案していたのだ。



とろけるおいしさ高級黒豚しゃぶしゃぶ ご贈答にもどうぞ冬のおもてなしに 遠州黒豚しゃぶしゃぶ



パク・ウネはこの事実が知られてから、「ホン監督と一緒に仕事をすることができるということだけでも大きな喜びだった。真に女優として生まれ変わることができる機会だった。」と謙遜した態度で監督への信頼を見せた。
引き続き、「まだ国内映画祭に一回も参加していなかったが、監督のおかげで国際映画祭に先に参加する幸運を得ることができた。良い映画に出演し、世界的映画祭にまで参加できる一石二鳥を得ることになり、今年は良いことがたくさん起きそうだ。」と嬉しい心を隠さなかった。

‘夜と昼’は緊急にソウルからパリに逃げることになった画家(キム・ヨンホ)と、留学中の美術学生(パク・ウネ)の愉快で奇妙な旅行を描いた映画。
2月7日から17日までは第58回ベルリン国際映画祭に参加し、その後、2月28日には韓国で封切り予定。
現在、MBCの時代劇‘イサン’に出演中のパク・ウネは、ドラマの撮影のスケジュールを調整し、2月11日にベルリンへ向かうとのことだ。


ヴィック・チョウ.パク・ウネ.アンディ・ホイ.メーガン・ライ
発売日:2007-04-06
価格
主役ふたりの美しさに思わずため息・・・の悲恋物語
初恋、幼い日の約束、家族との葛藤、復讐、陰謀、病魔、とさまざまな愛憎が絡み合う、内容的には韓国ドラそっくりの展開。 なので韓ドラファンの人にも親しみやすいと思います。初めは自分の思いだけにとらわれて...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成



タグ:パク・ウネ
posted by キムちゃん at 19:38 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | パク・ウンヘ

2006年08月17日

パク・ウンヘ“サイレンス”日中メディアからインタビュー要請殺到!

“チャングムの誓い”などで特に中華圏の韓流スターとして知られたパク・ウンヘ(パク・ウネ)が、次回作の“サイレンス”に関連して中国と日本で殺到しているインタビュー要請に幸せな悩みに陥っている。以下、訳文。
パクウンヘ0608.JPG
2006年5月から台湾CTVを通じて放映されているドラマ‘サイレンス’が視聴率1位を記録するなど、パク・ウンヘは台湾内でスターとして人気が急浮上している。その余勢を駆ったパク・ウンヘは、‘サイレンス’プロモーションのために8月末頃3泊4日の日程で中国を訪問する。

[PR] 口コミで手軽に岩盤浴ができると大人気!医院でも使われる中国に4千年伝わる遠赤外線療法。コリ...

パク・ウンヘが中国を訪問するという消息に、現地放送関係者たちとメディアは素早く動いた。その結果パク・ウンヘは3泊4日という長くない時間で約30以上のメディアとインタビューするきつい日程を消化しなければならなくなった。既にドラマ“チャングムの誓い”を通じて中華圏に顔を知られた彼女なので、大きな関心を見せることも不思議ではないだろう。

さらに9月初旬より‘サイレンス’の日本放映を控えており、(日本の)放送関係者とメディア各社からのインタビュー要請も絶えない。特に8月16日には日本からパク・ウンヘ取材のため2社が直接韓国を訪問したという。

Paul Frank Julius Toes Flip ポールフランク ジュリアスビーチサンダル[PR] Paul Frank Julius Toes Flip ポールフランク ジュリアスビーチサンダル

これに対してパク・ウンヘは「台湾での人気だけでも過分なのに、中国と日本でまで多くの関心と愛情を表現してくださることはとても嬉しい。私を愛してくださる方々に失望させないようにさらに努力したい。」とコメントした。

原文はこちら


posted by キムちゃん at 10:48 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パク・ウンヘ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。