最新ブランド香水情報はこちら!

2009年05月09日

チェ・ホンマンの映画‘GOEMON’出演に韓国ファンの非難集中!

チェ・ホンマン日本映画‘GOEMON’にゲスト出演した。しかし、よりによって歴史上の‘朝鮮侵略’の元凶と韓国で嫌悪される豊臣秀吉の部下役なので、韓国ファンからの抗議が絶えないという。

チェ・ホンマンが5月1日より日本で封切られた‘ゴエモン GOEMON’に出演したことで、韓国で非難が集中している。

チェ・ホンマンは昨年末公開された映画‘特命係長・只野仁’でも悪役でカメオ出演したのに次ぎ、今度が二回目の日本映画出演だ。

非難の的になったのは、‘GOEMON’で演じた役が豊臣秀吉の家臣武士‘我王’役であったからだ。豊臣秀吉は明征服のための協力を韓国へ要請したが失敗に終わると、20万人の水軍と陸軍を釜山浦に進撃させ、1592年に朝鮮へ侵攻。韓国では壬辰倭乱(イムジンウェラン、日本では「文禄の役」と呼んでいる。)を起こした元凶として嫌われている。



Goemon


チェ・ホンマンは、異種格闘技(K-1)と総合格闘技(MMA)進出を宣言したが、これといった格闘技選手としての姿を近頃見せる機会も無く、こんな映画出演話に韓国ファンの怒りが噴出したようだ。



【脂ビンチョウマグロ】太平洋の大海原を泳いで、しっかりと脂がのった極上の天然ビンチョウマグロ


K-1の舞台を離れて総合格闘技に転向したチェ・ホンマン(29)は5月26日には横浜で行われる‘ドリーム 9’で、メジャーリーグホームラン王出身のカンセコ(45)と激突する。最近の試合で5連敗記したチェ・ホンマンは、去年年末に敗れてから5ヶ月ぶりにリングに上がることになる。
カンセコは88年にメジャーリーグ初の40ホームラン-40盗塁を果たし、アメリカンリーグMVPに選出されたこともあるスーパースター。ビッグリーグで17年間に通算462ホームラン、1,407打点、200盗塁を記録したという。

カンセコとの試合を準備しているという情報が韓国に伝わる一方で、武士の部下役を引き受けたということが知られて非難が噴出している。



GOEMON オリジナル・サウンドトラック



楽天ランキング2ヶ月以上連続ダブル1位獲得した!! 朝とれ直送!ホタルイカ【スピード出荷】

posted by キムちゃん at 20:00 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓流スター


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。