最新ブランド香水情報はこちら!

最新ブランド香水情報はこちら!

2011年05月28日

短い人生終えた韓国アイドル、チェ・ドンハ

sg WANNA BE+を脱退後、ソロで活動しようとしたチェ・ドンハ。続いた不運と前マネージャーの自殺によって重度のうつ病を患っており、日本プロモーションを終えて帰国したときに、発作的に自殺してしまったようだ。

ボーカルグループ「sg WANNA BE+」の元メンバー、チェ・ドンハが5月27日午前、ソウルの自宅マンションで自殺されてしていることが発見された。



チェ・ドンハの所属事務所関係者は「チェ・ドンハが最近、日本プロモーションを終えて帰国し、今朝連絡が取れないので通報したところ、自宅で首を吊って亡くなっている姿が発見された。」と言った。

彼は、うつ病を患っていたらしい。
チェ・ドンハさんは、2002年のデビュー後、継続される不運のためにうつ病を発症してしまった。
21歳の時にソロ歌手で歌謡界にデビューした後、彼は所属事務所ジペミルリエンターテイメントの不渡りで、2年間不運な歌手生活を送っていた。
所属事務所が資金難のためお金を受け取れず、彼は練習室に行くお金がなくて、新聞配達もしていた。
彼は2004年にGM企画(現Mnetメディア)よりキム・ヨンジュン、キム・ジノの3人組男性グループ「SGワナビー」として活動し、ようやく世間に名前を知られるようになった。

彼がSGワナビーのボーカルとして活躍していた2004年から2007年の間にSG Wanna Beは、「タイムレス」、「生きて」などを発表した。2005年にはゴールドディスク大賞、2006年にはMKMFミュージックフェスティバルなど、様々な賞を総なめにした。





しかし、2008年にMnetメディアとの契約が満了し、SGワナビーを脱退してソロとして活動を開始した。
ソロでの回復を目指していた彼に、2009年7月、親しかったマネージャー義母さんの自殺は大きな衝撃だった。 当時、3日間にわたってチャンさんの葬儀を執り行った後、重度のうつ病に苦しんだとある放送関係者が伝えた。
うつ病は、2009年11月に発売した彼のアルバム「エッセイ」にも現われている。 しかし、2集のソロアルバム「エッセイ」は、彼の首の負傷で日の目を見られなかった。その後移籍し、昨年9月にミニアルバム「D - day」を出した。今年1月、グループ歌手VOS出身の歌手パク・ジホンとのデュエットでシングルアルバム「昨日のようだ」を発表した。最近は日本での様々な活動も計画していたが、結局、うつ病に打ち勝つことはできなかった。


posted by キムちゃん at 04:07 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓流スター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。